もし「 アーモンド 」を食べて10歳若返るとしたら、何がしたいですか?

10歳 若返り アーモンド 健康法 
この記事の所要時間: 259

こんにちは!由大(ゆうた)です。
突然ですが、もし10歳若返ったとしたら、あなたは何をしますか?

僕なら、酒三昧だった30代の頃の生活を改め、映画鑑賞や旅行の時間を増やして、
かっこいい40代になれるよう努力してるはずです。

現実には年齢が変わることはないですが、今回紹介する『アーモンド健康法』は、老化の原因のひとつである糖化が起きにくくしたり、糖化によってできた物質を減らしたりすることができるんです。

調理もいらず、素焼きアーモンドを購入するだけという意味では、お手軽度もNo.1かもしれません。

何に効くの?

AGE(※)ができにくくする、減らす ⇒ 老化防止、若返り効果

  • 血液中の糖分とくっついて糖化を防ぐことによりAGEの生成を減少させる
  • 生成されたAGEを減少させたという実験結果もあるようです

※AGE:終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)
すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。
強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。
http://www.age-sokutei.jp/about/

強力な抗酸化作用

活性酸素による酸化を防いだり、血行をよくするビタミンEが豊富。
また、アーモンドの種皮にはポリフェノールが含まれおり、こちらも抗酸化作用を発揮します。

ダイエット効果

アーモンドを食べると、脂っぽい食事で食べた脂肪が腸内で分解されることを阻害し、体外に排出される効果があります。
なので、食事と一緒に食べると脂肪だけ、便となって出ていきます。
さらに、食物繊維が豊富なので、腸内環境を整えることにも効果ありです。

大腸がんの予防効果

消化液は、主に小腸で使われるのですが、必要がなかれば、小腸の先の大腸で吸収されます。
ところが、こういった消化液が吸収されず、大腸に取り残されることがあります。これらががんの原因となってしまうことがあるのです。
しかし、食物繊維はそんな危険な消化液を吸い取って、自分と一緒に排出してくれます。
なので、食物繊維豊富なアーモンドを食べ続けることで、大腸がんの予防につながるということです。

どれくらい食べたらいいの?

1日25粒を目安に素焼きのアーモンドを食べる。
1日5粒ほどから始め、少しずつ摂取数を増やしていくというのが続けるコツとのこと。
僕の場合、胃がもたれるので、1日5~6粒を目安に食べるようにしています。
それでも、ほっぺたの水分量が40%以上(※)あり、若返りの効果を実感しています。

※計測に使っているのは、携帯できる簡単な計測器なので、おそらく高い精度はないでしょうね。目安程度に使ってます。

よく咀嚼(200回と書いてありました)すると吸収率が2倍ほど変わるそうです。
さすがに無理なので、よく噛むように心がけています。

予算は?

一粒が1~1.2gなので、1日25粒だと25~30gなので、30日だと900g。
1㎏で1,780円で売ってるお店がありましたが、1,000円超えちゃいますね(・ω≦) テヘペロ
でも、1日5~6粒くらいなら、十分予算内に収まるので老化(糖化)が気になる方は、是非続けてください!

出典

食べても痩せるアーモンドのダイエット力

まとめ

  • アーモンドには、老化(糖化)を軽減させる効果がある。
  • 一日25粒を目安に食べるとよい。
  • 僕は、1日5粒ほどだけど肌の調子がいい!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です