びっくり炊き~『玄米』を普通の鍋で高速においしく炊く方法~

この記事の所要時間: 142

由大(ゆうた)です!

今回は、『玄米』を所要時間40分で簡単に炊く方法を紹介します。
玄米の『味が苦手!』『炊くのが面倒!特に浸水時間がかかりすぎ!』
という方、多いですよね。

私もその一人でした。
でも、玄米ダイエットをするためには、玄米を炊くしかない。

どうすれば、楽に玄米 ダイエットができるのか!

実は、
びっくり炊き』という『浸水時間ゼロ!ふっくらおいしく炊ける!』という方法があるんです。

『びっくり炊き』を知らなかった僕は、どうやっておいしく炊けるかに執念を燃やしていました。

浸水時間12時間。土鍋を使い、蒸らし時間を入れて1時間以上かけ、ふっくら、おいしく炊くという大変な手間をかけていました。

もしあのまま、おいしく炊くことだけに、執念を燃やし続けていたとしたら、
玄米を主食にしている今はなかったと思います。

用意するものは?

<材料>
・玄米 4合(720ml)
・あずき 28g(大さじ2杯)
・塩 3g(小さじ0.5杯)
・1回目の水 900ml
・2回目の冷水(びっくり水) 600ml

<器具など>
・フタつきの鍋
・ザル

作り方は?

1.ザルに玄米4合あずき28gを入れ、洗米する。
2.ザルから鍋に玄米と小豆を入れる。
3.塩3g水900mlを入れる。
4.フタを閉め、強火で20分炊く。
5.火を止め、冷水(びっくり水)600mlを入れる。
6.フタを閉め、弱火で15分炊く。
7.火を止め、フタをしたままで5分蒸らす。
8.開けて、混ぜる。

以上です。

4.の強火ですが、強すぎると焦げるので、ほどほどに強火で。
びっくり水を入れる前の状態が、穴ぼこがボコボコ開いていれば、成功です。

『塩』と『あずき』は好みなのですが、
入れた方が確実にオイシイと僕は信じています。

試していただければ、玄米が病みつきになります。確実に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です