オススメ書籍:1000兆匹の腸内細菌を使って10キロ楽にやせる方法

この記事の所要時間: 154

‎こんにちは!由大(ゆうた)です。
今回は、僕が実践しているダイエットや健康法の中で、よく参考にしている書籍を紹介したいと思います。

本書は、6章から構成させれいてますが、中心となる考え方は、腸内環境を整えば、健康になるというものです。

腸内には、1000兆匹の腸内細菌がいます。
その腸内細菌には、大きく分けると善玉菌、悪玉菌、日和見菌があります。
善玉菌と悪玉菌は相関関係にあり、善玉菌が勢力が強まれば悪玉菌が勢力を弱め、悪玉菌が勢力が強まれば善玉菌の勢力が弱まります。

日和見菌は、その名の通り、善玉菌の勢力が強まれば善玉菌の味方をし、悪玉菌の勢力が強まれば悪玉菌の味方をする腸内細菌のことです。

ですので、基本的には、善玉菌の勢力を強めることが、腸内環境を整えるということと同じ意味だと考えて大枠問題ありません。

ただ、ダイエットの面から厳密に言うと、日和見菌には、おデブ菌、やせ菌がおり、善玉菌と悪玉菌の関係と同じようにどちらかの勢力が強まるともう一方の勢力が弱まるという性質を持っています。

なので、善玉菌、悪玉菌、おデブ菌、痩せ菌からなる腸内細菌のうち、善玉菌、やせ菌の数や勢力を強めることにより、ダイエットが成功し、健康になることができるのです。

善玉菌、やせ菌の数や勢力を強める方法については、本書に書いてありますので、詳しく知りたい方は、本書の内容をご確認ください。
僕たちが試している健康法についても、いくつか紹介しているので、参考にしてください。
オススメ健康法

『 酢玉ねぎ 』でダイエット
抗酸化力がほしいなら『ニンニク』を毎日食べろ!
ヨーグルトは、上澄み液だけでチョウ元気!

出典

1000兆匹の腸内細菌を使って10キロ楽にやせる方法 ヨーグルト・ホエイと酢タマネギが効く!

第1章 やせるベストフードは、「酢玉ねぎ」
第2章 ヨーグルト・ホエイが「やせホルモン」を増やす
第3章 「冷凍キノコ」「ニンニク酢」「昆布酢」やせる腸になる
第4章 「砂糖」はやめて「肉」を食べよう
第5章 ダイエットのコツは「副交感神経」を高めること
第6章 いい脳内物質が出るから「腸ダイエット」はつらくない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です