【新常識】食事が「 コレステロール 」値に与える影響は少ない!?

この記事の所要時間: 143

こんにちは!由大(ゆうた)です。

先日、過去の日経記事を読んでいたら、「食事がコレステロール値に与える影響は少ない」という内容の記事を見つけ、びっくりだったので、紹介します。

「 コレステロール 」が肝臓から生成されるって知ってました?

コレステロールは肝臓で合成できる脂質です。
体重50kgの人で600~650mgくらいを毎日生成しています。

コレステロールは、細胞膜や胆汁酸、ホルモン、ビタミンDをつくる材料。
毎日一定量必要になるため、食事だけに頼らなくていい仕組みになっているんだとか。

食事によるコレステロール値の影響

食事でとったコレステロールのうち吸収されるのは、体内でつくられるコレステロールの3分の1~7分の1程度。

コレステロールは食事でとる量が少なければ多く合成され、食事でとる量が多ければ少なく合成されます。
常に一定量が保たれるようになっているため、食事からの影響を受けにくいのです。

「知ったか」情報

食事摂取基準とは

食事摂取基準とは、日本人が健康を維持・増進するために摂取するべき各栄養素やエネルギーの基準量のこと。
厚生労働省により5年ごとに発表されます。

コレステロールの目標量が消えた?

2010年版では、コレステロールの目標量は、成人男性は1日750mg未満、成人女性は1日600mg未満でした。
しかし、2015年版ではコレステロールの目標量がなくなりました。

「コレステロールは体内で合成できる脂質で、食事で摂取するコレステロールの影響は少ないということが分かってきたのです。摂取目標量を決める科学的根拠が少ないため、2015年版の食事摂取基準では、コレステロールの目標量がなくなりました」(女子栄養大学栄養生理学研究室教授の上西一弘氏)

注意点

食事がコレステロール値に与える影響は少ないようですが、高コレステロール食品のとり過ぎには注意したほうがいい。(特に、高コレステロール血症の人や親が高コレステロール血症の人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です