イマドキ、「ウコン」を信じている酒飲みはアホ?

この記事の所要時間: 156

 「日本肝臓学会が10年ほど前に、民間薬や健康食品など“病院でもらった薬ではない”ものによる薬物性肝障害の調査を実施しました。薬物性肝障害とは、文字通りクスリなどを摂取したことにより肝臓がダメージを受けることです。この調査の結果では、多種多様な原因があったのですが、原因の中で一番多かったのがウコンだったのです。ウコンによる薬物性肝障害は全体の24.8%と断トツで高い結果となりました(民間薬および健康食品による薬物性肝障害の調査、恩地森一ら 肝臓 2005;46(3):142-148.)。これを受けて、肝臓専門医の間で、ウコンに気をつけたほうがいいという認識が定着したのです」

「この男性は入院することになるほど、肝機能の数値が悪化していました。この方は、ウコンの成分が入ったサプリを飲むという方法ではなく、ウコンの根の部分そのものを通販で購入して、自分で煮出して抽出して飲むという“ハード”な摂取方法をされていました。ヒアリングでウコンを大量に摂取していたことがわかったため、摂取を中断していただきました。その後、数値が改善したため退院されました」

(日経電子版 2017/5/31)

この記事を読んだとき。
ウコンって、体にいいって信じてたので、衝撃でした。
自分自身、飲み会の前には、必ずウコンサプリかドリンクを飲むようにしてたので。。。

でも、何がなんでもダメという話ではないみたいです。
高濃度のウコンを、長期間飲むことがダメみたいなんです。

なぜだめかかというとウコンの場合でいうと、次のような理屈らしい。

  • ウコンのサプリには比較的多量の鉄を含むものがある
  • 鉄は一部の肝臓の悪い方(C型肝炎や脂肪)に悪影響を及ぼす
  • 貧血予防に効果があることで知られる鉄ですが、摂取過多で肝臓に蓄積すると、フリーラジカル(活性酸素)を発生させ、肝細胞を傷つけ、炎症を悪化させる

やり過ぎはダメ! VS 習慣化が健康の基本
だとすると、やり過ぎてもだめでない毎日行うべき習慣を探すことことが重要だということになりますね。

当サイトでは、基本、副作用のないもの、続けられるものを紹介してきたつもりですが、やり過ぎたらダメかどうかもちゃんと記事内で記載するべきだと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です