断食で「ダイエット」プラス「健康」!

この記事の所要時間: 220

私は断食で3kg痩せました!

断食と聞くと、ダイエットと考える人が多いのではないでしょうか?
確かに、私自身も1カ月間で-3kgを楽々実現しましたし、そのことには本当に満足しています。
とにかく早めに結果を出したいという人には是非ともお勧めのダイエット法だと言えるかもしれません。

しかし、
断食には、ダイエット効果以外にも期待できる効果があるんです。

たとえば、
デトックス、免疫力の向上、活性酸素を減らすなどです。

今回は、断食による様々な効果について、紹介していきます。
それではまいりましょう。

体質改善

体の大そうじで自己治癒力を高めます。
断食によって、食べ過ぎでたまっている体内の余分なものを取り除くことができます。
それらは、脂肪や毒素として体内に蓄積されていますが、断食によって、それらの毒素が大そうじされるわけです。
毒素が体外に取り除かれることによって、臓器の機能がアップし、自己治癒力がアップします。

宿便を排出

宿便は、食べ過ぎによって、腸内にたまります。
宿便によって、腸マヒが起こり、便秘となってしまいます。
それらの毒素が腸壁から体内に吸収され、様々な症状を引き起こすのです。

断食によって、長時間、お腹に何もいれないことで、腸は活発に働き、みずからの排泄する能力を高めます。
そうして、宿便が体外に排出されることになります。

体の悪いところが分解、排出される

動脈硬化の多くは、血管内にドロドロ状のものが沈着しています。
コレステロールが付着したもので、「アテローム」と呼ばれています。

しかし、
断食によって、血管内のアテロームをエネルギー源として利用していきます。
断食中、アテロームはどんどん使われていき、しまいにはきれいになくなってしまいます。

免疫力向上

断食によって、免疫を高める次の3つの効果が見込まれます。

  • リンパ球の免疫活性の向上
  • 免疫細胞の白血球の増加
  • 胸腺や副腎の重量が大きくなり、免疫力が強化

活性酸素の減少

活性酸素は、人体の酸素消費量の約2%から発生すると言われています。
病気の9割以上は活性酸素が原因で発生すると言われているほど、健康に害のある物質です。

しかしながら、
朝食抜きの簡単な断食によって、酸素消費量が13%減るという実験結果もあるようで、当然、活性酸素の発生量も減らすことができるんです。

まとめ

断食は、ダイエット効果もさることながら、健康への効果も絶大です。
今行っている健康法に加え、月1回程度の断食を行うことで、さらに健康になれそうですね。
私も月1回3日程度の断食を行って、いつまでも元気で若々しくいたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です